自然にインプラント

入れ歯からインプラントへ

トップ / 入れ歯からインプラントへ

インプラントのよいところ

インプラントのよいところとは、本来の自分の歯と変わりなく、感触や味覚に違和感がなく快適に過ごせることです。交通事故や歯槽膿漏などで歯を失ったとき、普通ならブリッジか入れ歯を考えるかもしれません。しかし、ブリッジは健康な隣の歯を削ることになりますし、それによって虫歯になりやすいという問題もでてきます。入れ歯は外して手入れするのが面倒とか、味覚がわかりにくいという不満もあります。インプラントはその点問題ありません。顎の骨に埋め込んだ土台に、義歯を取りつけますので、残った歯に負担をかけません。

インプラントに必要なケアとは

インプラント治療をした後にケアを怠ってしまうと、歯周病になることがあります。骨や歯茎が痩せていき、最悪抜け落ちてしまう可能性があります。支える歯茎の構造が元々あった歯とは

肩こりに役立つ情報