痛風の痛みを和らげる

痛風の痛みを和らげるなら

トップ / 痛風の痛みを和らげるなら

痛風の痛みを和らげる方法

痛風は尿酸が体内に蓄積し、それが結晶化して関節内に分離してくることによって足の指の付け根などに激痛がおこる急性関節炎です。その痛みは風が吹いただけでも痛むといわれるくらいで靴を履くこともできません。痛風の痛みの発作が起きた場合はすぐに病院に行き炎症を抑える薬で治療すると早く治りますが、すぐに病院に行くことができない場合の応急処置の方法もあります。痛風は繰り返すため、動ける状態になったらすぐに病院を受診することが大切です。

痛風予防とプリン体について

痛風と言う病気は極めて強い痛みを主症状とするものであり、プリン体を材料とする尿酸の影響によって関節がかなり大きくはれあがるという特徴を持っています。これは血液中の尿酸が高い濃度である状態が長期間継続した場合に関節で結晶となり、炎症を起こすことで発生します。そのためこの様な発作を起こさないように痛風の原因となる尿酸の素材となるプリン体の摂取を抑制するという方法をとる必要があります。これは、尿酸が出来にくい食事を心がけることで達成することが出来る仕組みになっています。

肩こりに役立つ情報