甲状腺の病気の事

甲状腺の病気の内容

トップ / 甲状腺の病気の内容

甲状腺の病気について

甲状腺とは、新陳代謝を促進する甲状腺ホルモンを分泌する臓器で、身体の活動に関わってきます。この甲状腺の病気で、多いのが、バセドウ病と橋本病です。バセドウ病は甲状腺機能亢進症の代表的な病気で、疲れやすい、動悸、手足の震え、体重の低下、目が突き出てくる、下痢症状、などの症状が現れてきます。一方、橋本病は、甲状腺機能低下症の代表的な病気で、疲れやすい、無気力、体重の増加、顔のむくみ、便秘、月経不順、月経過多などです。どちらの甲状腺の病気も明確な原因などは不明ですが、早期発見と早期治療が最善の対処法になります。

甲状腺の病気についてやさしく解説しています。
なんとなく疲れやすい、肌荒れが気になる、汗っかきなど更年期に似た症状があれば要注意ですよ。詳しくはこちら。

肩こりに役立つ情報